FC2ブログ

僕の視点

 あくまでも、僕という1人の小さな視点から見えてくることや感じたことを写真や文字でつづるページです。

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

分解と探究 

  
  ヾ ^_^♪こんにちは! こばやしです。

今回は知り合いのブログを読んでいてとても共感できたお話に。。

その彼は昔、歯科技工士で現在カメラマン。

とてもなんで?って言いたくなる転身をした(以前このブログでも紹介したことの有る)

ユニークな感性の持ち主。


     388206_2117817399507_1667934794_1698425_720275799_n.jpg
レオナルド・ダ・ヴィンチの手稿より



解剖学というとなんだか、怖い・気味が悪いという印象があると思います。
しかし、ヒトの身体の中には同じような仕組みで作られています。
解剖学は医療に携わる職業には、必須の学問です。


僕らの仕事も同じで髪の毛の内部のことやカットによる積み重なり、

色の配色やパーマなどによる動きなど全の疑問を

日々のトレーニングや研究、実験積み重ね、

進化と深化することにより

真価が発揮(ちょっとシャレ的ですが)されます。

そして積み重ねた知識、技術、経験を活かし

お客様のライフワークに合わせたニーズに応えるようやくデザインにつながる。

本当に目に見えない部分の大切さ。

とても共感できます。


レオナルドの場合は、よりリアルに絵を描くため・生命に興味があったために

当時はタブーだった解剖をして理解を深めたそうです。

子供の時のようにもっと様々な事に敏感に普段の生活でも、これはどんな仕組みなのか?

と興味をもって調べることが大切のような気がします。

現在、学生ではないのだから勉強しなさいと周りからはいわれません。



これからも、自分が好きな仕事や遊びにも(仕事も遊びも遊びが僕なので)とことん追求して、

こだわりを持ち、より楽しみたいと思います。

スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2011/11/26 Sat. 10:29    TB: 0    CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ktremix.blog.fc2.com/tb.php/14-dfe74e5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。